【進撃の巨人】累計8000万の国内発行部数は伊達じゃない

数字が表すおもしろさ!

連載スタートから文字通り進撃中だ。

 

“巨人”が生存する世界において、人類が選択した生存戦略は、”壁をつくる”ということだった。

それはもういくら巨人でも破壊、侵入できないような高くて大きな壁だが、ある日、その壁を大きく超える超大型巨人が現れてしまったのだ。

巨人が人間にとって害のない生物であれば話は変わってくるが、ここで登場する巨人はもれなく人間を喰いつくす、まさに人喰い巨人。

恐ろしいぜ・・・。

 

「進撃の巨人」は連載から大ヒットしており、非常に有名になっているため今さら内容を紹介する必要もないと思うが、その元ネタは意外とあまり知られていない。

もともと、この人喰い巨人たちは、15世紀にスコットランドで起きた事件が元ネタとなっている。

 

当時、スコットランドのある地域で1500人以上の旅人が失踪するという事件が起きていたのだが、その失踪した人たちは全てソニー・ビーンとその家族が喰い尽くしていたのだ。

働くことが嫌で、ソニー・ビーンは一人の女性と洞穴でひっそり暮らしていたのだが、生活のために旅人を襲って金品や食料を奪いはじめた。

ただ、二人は性欲が旺盛だったため、どんどん子供ができ、さらにその子供たちが近親相姦を繰り返して最終的には家族が48人となっており、奪った物だけではこれだけの大所帯が生活できず、やがて襲撃した人の肉体を喰らうようになったのだ。

これがいわゆる『ソニー・ビーン事件』である。

 

ちなみに、近親相姦で生まれたその子供たちは奇形児が多く、進撃の巨人の作中にもそれを思わせるような巨人が多々出現する。

 

また、進撃の巨人には「ソニー」と「ビーン」という巨人を捕獲するシーンもあり、ほぼほぼ元ネタはこの事件と言ってもよいだろう。

つまりこれは実際に存在した人喰い一族を巨人化しただけの実話なのだ。

そう考えると本当にリアルに見えて、さらに恐怖を感じながら読むことになってしまう。

ただ、「進撃な巨人」はただの巨人が人間を襲っているというストーリーではなく、巨人の正体がただの生態系という、そんな単純なものではなさそうで非常に謎が多く、人間たちは巨人と戦いながら、その謎を解明していくことになる。

 

巨人たちのビジュアルもいいし、ストーリー展開も楽しめる。

そんな様々なおもしろ要素を含んでいるからこそ、みんな『進撃の巨人』にハマるのだ。

 

#進撃の巨人 #超大型巨人 #女型の巨人 #獣の巨人 #エレン #ミカサ #アルミン #ライナー #ベルトルト #リヴァイ #ウォール・マリア #調査兵団

#諫山創 #少年マガジン

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です