【中間管理録トネガワ】社内で一番大変なポジションは、中間管理職だったのか・・・

「このマンガがすごい!2017年」・オトコ編1位受賞しており、一躍有名となったマンガだ。

『賭博黙示録カイジ』のスピンオフ漫画であり、数々の場面でカイジを苦しめた帝愛グループの幹部・利根川幸雄(トネガワ ユキオ)が今回の主人公だ。

帝愛グループはトップの兵藤会長が絶対的な力を握っているため、部下たちは常にその顔色を伺いながら働いている。

特に中間管理職である利根川は、兵藤会長と部下の黒服との板ばさみ状態で、非常に大変なポジションを担っているのだ。

結論から言うと、タイトルとは反対にゆるく感じで笑って読めるマンガである。

 

カイジで出ていた時はあまりわからなかったが、利根川先生は苦労していたのだ。

兵藤会長と黒服の両方から信頼を得るために、ゴルフ、ボーリング、ゲーム大会など、ありとあらゆる方法を模索する。

そのために多くの時間や費用を自腹で使っているのだ。

 

憎き利根川のイメージがこのマンガで変わることは間違いない。

かわいそうなトネガワ。

そして、どこか愛くるしさが出てくるトネガワ。

 

笑えるマンガだが、あまり中間管理職に出世したくなくなるかもしれない。

そんな時は、「島耕作」とバランスをとりながら上手く読み進めればいい。

あちらは中間管理職時代もモテモテなのだ。

 

どちらにせよ利根川は帝愛グループにいる間は兵藤会長の呪縛からは抜けられない運命だろう。

かわいそうなトネガワ。