【ろくでなしBLUES】アメトーーク!ろくでなしBLUES芸人で人気再熱!!青春漫画の名作がここにあり

全国のヤンキーたちよ。

ボクシング好きたちよ。

 

ろくでなしこそ男の青春だ!

 

昭和末期~平成初期にかけて、中高生たちを熱中させていたのは、

この「ろくでなしBLUES」である。

 

東京都武蔵野市の吉祥寺にある帝拳高校に通う主人公の前田太尊(まえだ たいそん)は、

ボクシングの世界チャンピオンを目指す高校生である。

ボクシングの道を歩みながらも、都内の各学校に腕っぷしに自身のあるヤンキーが溢れていた時代であり、太尊はそのケンカや抗争に挑んでいくことになる。

 

ボクシングファンならすぐわかるが、前田太尊はヘビー級名チャンピオンのマイク・タイソン。

帝拳は、名門・帝拳ボクシングジムから由来しており、登場人物は実在する格闘家から、

高校は実在するボクシングジムから取られている。

 

輪島倍達、浜田弘樹、大橋英和、渡久地丈一郎、辰吉保栄、海老原昌利、井岡、竹原、具志堅、鬼塚、薬師寺、飯田、畑山など、登場人物の名前を聞くだけでマニアにとってはたまらない。

千原セイジ、千原コージなどの例外もいるが(笑)

また、ブルーハーツをモチーフとしたキャラクターなどが多いのも特徴だ。

 

本編は、超スリリングなストリートファイトを展開されながらも、ところどころに散りばめられたギャグがすごくいいのだ。

その絵もさることながら、ストーリーの展開も非常にいい。

ろくでなしブルースのように、昭和~平成は名作漫画が多いのだ。

 

人気再熱で、我々の青春が蘇る。

 

#ろくでなしBLUES

#森田まさのり

#週刊少年ジャンプ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です