【サンクチュアリ】参院選が始まる前に、われわれは政界の裏側を知るべきだ

若者の政治離れが続く昨今、参院選が近い中、投票率は上がるのだろうか。

古い体質の腐敗した政治は、若者の投票がない限りは永遠に変わることはないだろう。

 

この漫画は、若い志士たちが腐敗しきった日本政治のサンクチュアリ(聖域)に踏み込んで革命を起こしていくストーリーだ。

そのためには表の社会と裏の社会をコントロールしなければならない。

暴力団・会長である北条彰(左)と、代議士の浅見千秋(右)は、過去にカンボジアから脱出し、

日本の政界へ表と裏から二人三脚で切り込んでいく。

 

どのような革命を起こすか。

我々は、政治家、政党を選ぶ(投票する)権利はあっても、首相を選ぶ権利はないよね。

うまいことなってるのだ。

政治家、政党の都合のいいようにコントロールできる仕組みが・・・。

 

そんな日本政治の仕組みを利用して利権を得ようとする悪徳政治家が増加しているなんてことを、多くの人が知らないまま歯がゆい思いをしていることだろう。

主役の二人はその聖域をひっくり返すつもりなのだ。

特に、裏を道を歩むことになった北条がすごくかっこええ。

こんなアイドルみたくハンサムな極道がいるのだろうか。

 

すぐに女性をトイレに連れ込む奴もいるが、それは触れないでおこう。

 

他人の情事はサンクチュアリだ(笑)