【花の慶次 -雲のかなたに-】天下一の傾奇者(かぶきもの)は、前田慶次にて候~候~

この漫画を読まずして、漢(おとこ)を語るなかれ!

漢の生き方は、この前田慶次に学ぶべし。

 

前田慶次とは、戦国時代を傾(かぶ)いて生きた武将、前田慶次郎利益のことである。

ご存知、「北斗の拳」の原哲夫が作画を担当している漫画だが、

個人的にはこの「花の慶次」の方が好きかもしれない。

 

なんせこの慶次、その自由奔放な生き様がかっこいいのだ。

時の天下人・豊臣秀吉にも屈せず、天下をとれるほどの実力を持ちながらも、傾いて生きるという信条を何より貫いてきた姿がすごくいい。

慶次にとっては戦場でさえ楽しい場と化すのだ。

いくさは漢の花舞台だと。

 

また、彼は恐ろしく強い。

朱槍を一振りすれば、たちまち複数人の首が飛んでいく。

 

夜の朱槍もド迫力で、婦人たちもびっくりである。

 

・・・一応、少年漫画なのでこの辺にしておこう。

とにかく、この魅力あふれる「花の慶次」を読んで、その自由かつ風流な生き様を学んでほしい。

 

人生は、慶次のように楽しんでナンボなのだ。