【ブラック・ジャック】漫画至上最高の外科医は、医師免許を持っていまてん

様々な職業で、漫画の中でナンバーワンは誰なのかと考えるのが好きだ。(妄想)

ボクシングは、はじめの一歩・鷹村守。野球はドリームス・久里武。漫画家はバクマン・新妻エイジ。闇金はミナミの帝王・満田銀次郎。などなど

 

そんな中、医師では間違いなくブラックジャックだと思われる。

手塚治虫はとんでもない人物を生み出した。

無免許医師でありながら、天才的な技術を持つ外科医のブラック・ジャック(本名・間 黒男)。

神業的なスピードとテクニックで患者を次々と蘇らせる。

(死者をも蘇らせると言われるほど)

違法でありながら、政府すら黙らせてしまうほどの腕前である。

ただ、その治療費は数千万~数億という、とんでもない額だ。

過去には闇が多く、謎も多い人物だが、作中では優しい一面が数多くみられる。

患者を見ると治したくてウズウズしてしまうぐらい、医者として中毒のような症状があり、まさに医師になるために生まれてきたのだろう。

また、ブラック・ジャックもかっこいいのだが、助手であるピノコがなんともいい味を出しているのだ。

クールなブラック・ジャックに対して、いつも緊張感のないピノコがよく笑わせてくれる。

この緊張と緩和が、この漫画のおもしろい要素だ。

怪我、または病気になったら、是非ブラック・ジャックとピノコにオペを頼みたい。

 

ただし、出世払いで…

 

#ブラック・ジャック

#手塚治虫

#週刊少年チャンピオン

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です