【高校アフロ田中】「稲中」の再来と言っていいのは、まさにアフロ田中だけ

ギャグ漫画の頂点、「稲中」の再来!!!

ある日、突然ウチの姉が持ってきて、「これを読みなさい。稲中の再来。」と言い放って、私の部屋に置いていったのがこの漫画。

そこから見事にハマった(笑)

これは「高校アフロ田中」、「中退アフロ田中」、「上京アフロ田中」、「さすらいアフロ田中」、「しあわせアフロ田中」というように、シリーズ化している。

主人公はアフロヘアーの田中ひろしであり、高校からの田中の人生が描かれている。

おもしろい漫画は数あれど、腹抱えて笑える漫画って少ないよね。
これはめっちゃ「高校」から「しあわせ」まで全部笑えた。

つまり、この作者が私のツボにはかなりハマった。

どちらかというと、この漫画は主人公の田中ががっつり笑いをとりにいくというよりかは、田中をとりまく周りの人間がやらかしてくれるのでおもしろい。

高校時代は基本的に田中と仲の良い4人、岡本、村田、大沢、井上がメインで出演しているが、田中の成長にともなって、高校時代の友人とは疎遠になり、取り巻くキャラクターも変化していく。

これが、アフロ田中の特徴的なところであり、楽しめる大事な要素である。

 

つまり、高校を中退して働くようになっても、その職場、職場でおもしろい人物が次々と現れるのである。

あとはさわやかなエロスに高感度がもてるだろう。

笑いのセンスはなかなか抜群である。

先日、「監獄学園(プリズンスクール)」の記事において、笑いのセンスが非常に高いというようなことを書いたが、「アフロ田中」においても同様のことがいえる。

ギャグ漫画として飛び抜けている感がある。

もちろんツボにはまるかどうかは人によるが、少なくとも私にとってはトップレベルに笑えた。

 

あとは、肩の力を抜いて読めるのが非常にいい。
正直、ちょっと落ち込んでいた時期に読み始めたのだが、嫌なことを簡単に忘れることができるくらい没頭できた。

気楽に、延々と笑って読める漫画としては他にはないだろう。

「老人アフロ田中」とかまで永遠に続いてほしい(笑)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です