【いぬやしき】祝・実写映画化決定!!あのGANTZを上回る面白さがすでに見えている

『GANTZ(ガンツ)』の衝撃再来か!!?

そう、この『いぬやしき』は、『GANTZ』の作者・奥浩哉氏が書いており、2018年には映画公開ということで話題となっている。

私は、海外旅行へ行く機内で映画で初めて『GANTZ』を観て、あれよあれよという間にその世界にはまり込んでいったのをよく覚えているが、この『いぬやしき』を初めて読んだときも、その時と似た衝撃があったかもしれない。

この『いぬやしき』もストーリーやキャラクターは全く別物であるとはいえ、どちらの漫画も一言で表すなら「異次元」である。
ただ、異次元とはいえ、この『いぬやしき』は現代社会がしっかり描写されており、妙なリアリティがあるのがこの漫画の好きなところだ。

 

話は、老齢サラリーマン・犬屋敷壱郎と高校生の獅子神皓が偶然宇宙人による事故に巻き込まれてしまい、死亡してしまうが、二人は宇宙人の手によって機械?のような身体を持って蘇ることになる。
そして、高校生の獅子神皓がその人間離れした身体を使って次々と殺戮を繰り返す一方で、サラリーマンの犬屋敷壱郎は重病人を治すなど人助けをしていき、やがて二人は再会することとなるが・・・

ちなみに映画のキャストはとんねるずの木梨憲武と俳優の佐藤健となった。

 

正直、これはいいキャスティングだと思った。とくに木梨憲武が(笑)

この佐藤健演じる獅子神がかなりサイコパスで、めちゃくちゃ殺人鬼と化すので、正直、グロい部分はあるかもしれない。
こんなこと言ってはいけないかもしれないが、たとえ殺戮を繰り返していてもイケメンは絵になる。ということである。

くそ、イケメンはどれだけ汚く、反社会的なことをやっても美貌は変わらないんだな。
かと言って、殺人はしてはいけないので全国のイケメンたち、ご注意を。

そんな中、心のイケメン・犬屋敷壱郎が登場し、活躍することになる。

結局、この正義と悪のわかりやすい構図が一番おもしろかったりするんだよな。
アンパンマンしかり、水戸黄門しかり、半沢直樹しかり、、、。

ただ、この漫画は、悪の心の変化や周囲の人々の行動が、そんな単純なストーリーにはさせないようにしている。
その先は、まだまだ連載中なので楽しみである。

奥浩哉氏の漫画の特徴は、いい意味で人の表情があまり豊かではない。
つまり無表情なのである。

『ウシジマくん』もそうであるが、人が無表情でシビアなストーリーを展開している作品は妙なリアリティを発揮する。

顔に出ない人って怖いよね?
そう、出てくる人に喜怒哀楽が見られないから、逆に怖さを倍増させているのである。

あくまで個人的な意見だが・・・。

そんなことはさておいて、犬屋敷壱郎獅子神皓が宇宙人によって肉体改造され、心の葛藤と戦いながら、その超人的な力を現代社会でどう使っていくのか、彼らの今後におおいに期待していきたい。

ちなみにちょっとしたラブストーリー的な要素もあるので、そこにも期待(笑)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です