【テラフォーマーズ】ゴキブリを殺すのに理由がないなら、ゴキブリに殺されても文句は言えない

SF至上最高のストーリーとビジュアル

個人的には、私の好きな漫画の要素が全て当てはまっている。
一巻を読んだときに、現在、読中の漫画の中でも最高潮の期待値が芽生えた。

ストーリーとしては、人口増加などの問題から、火星の地球化を進めることから始まる。地球以外の星を地球化することを「テラフォーミング」といい、火星にゴキブリと苔を送り込むことによって、火星のテラフォーミング計画を行うことになる。
ところが、ゴキブリ(テラフォーマー)が火星で劇的な進化をしてしまい、人類の敵となり立ちはだかる・・・

その進化をしたゴキブリがこちら

 

この圧倒的なビジュアルにめちゃくちゃ惹かれてしまった(笑)

ちなみにグロいのが苦手な人はちょっと見れないかもしれない。
このテラフォーマーがめちゃくちゃ強いので、かなりの人間が殺戮される。

ただ、人間の科学の力を使って、大量のテラフォーマーを駆除するために闘う。
その描写が結構えげつない。

リアルなゴキブリを殺したときもグロいのに、それが人間サイズだから、すごいことになっている。

闘ってる人間もなかなかビジュアルがいい。つまり、絵がうまい。

この人間VS害虫をぜひ見てほしい。

ちなみにこの漫画を読んでいる人は、ゴキブリを発見したら、

「あっ!ゴキブリ!」

とは言わなくなり、

「あっ!テラフォーマー!」

と言うようになる。

現在、連載中の漫画ではおすすめナンバーワンだ。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です